就職・転職・アルバイトに役立つ、履歴書書き方マニュアル
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近よく見かける求人情報の中に、
”履歴書不要”という一文を目にします。
これはいったいどういうことなのだろうか?
面接無しというのはよくある事ですが、
履歴書無しというのはなかなか無いですよね?

なぜなら仕事をする上で、お互いのやりとりして書類上、
履歴書は必要不可欠であるからです。
調べてみると、こういった対応をとっている求人の大多数は
アダルト系・飲食系だったりするみたいで、実際に話しを聞いてみると
【過去に何をしていたかどうかは問題ではなく、書類上では何もわからない】
このような理由から履歴書無しで面接を中心としているようですね。
しかし、採用後”必要書類”として結局は履歴書は提出する必要があります。
つまり、面接時に持参するかどうかの話であり
履歴書(または、それに成りうるもの)は必要だと言うことですね。


もしも、みなさんが求人情報で履歴書不要と目にされても、
採用後は提出の義務がある事は覚えておきましょう。



最近、就職希望者に履歴書と合わせて、
職務経歴書の提出を求める企業が増えてきています。

それは、ポテンシャルに期待している新卒採用とは違い、
中途採用では即戦力となる実務能力を持つ人物を探しているからです。

そのため、上手にまとめられている職務経歴書は、
その人がどのようなことがしてきて、
どんな技術を持っているかを把握しやすいため、
書類選考や面接でプラスになります。

そこで、注意しなければならないのは、
履歴書の職歴欄と同じように書かないということです。
職務経歴書は様式が自由のため、
深い内容が書きやすいです。
なので、前職ではどのような業務に
携わっていたのかを簡潔にまとめるのが良いです。

よく、履歴書の「趣味・特技」の欄で何を書いたらいいのか?
という疑問を耳にします。
確かに、趣味ならまだしも特技というのは
何を書いたらいいのかと少し戸惑ってしまいます。

しかし、どうして趣味や特技を書かなければいけないのでしょうか?
一般的には、それらを通して応募者が
どのような人物なのかをイメージするためです。

例えば、チームプレイが必要なサッカーや野球と書いていれば、
この人は協調性があるんだろうという想像ができます。

しかし、多趣味の人っていうのは珍しいもので、
基本的に趣味というのはありきたりになってしまいます。
珍しい趣味だとそれだけで面接官の目に止まりますが、
そうでない場合はテキトーに書いたのではないかと
誤解を招くこともあります。

それを避けるために、
ありきたりな趣味の場合は具体的に書くようにしましょう。

前回はなぜ履歴書が必要なのかということを今一度確認しました。
今回は、内容に関わらず履歴書を書く上で
「最低限心掛けなければならないことは何か」
について書こうと思います。

あなたが採用者の立場で考えてみてください。
数多くいる人の中から優先的に面接をしようと思う人を
履歴書で判断しなければいけないとき、どういうものを選ぶのでしょう?

字が綺麗で、読みやすい履歴書は
印象に残りやすかったり、しっかり目を通そうと思いませんか?
逆に空白欄が多く、字が汚かったり、
誤字脱字が多くて読みにくい履歴書は読む気もしないと思いませんか?

履歴書を書く上でこの基本を心がけるようにしましょう。
そうすることによって、最悪あなたとほぼ同じ内容の履歴書があったとしても
あなたの履歴書が選考に残るでしょう。

求職者の立場を考えると
「履歴書なんかで人のことなんかわかるわけがない」
などの意見が出るのも致し方ないことなのかな、
と思ってしまうこともあります。

もちろん、企業としても履歴書ですべてが理解できる、
とは思っていないでしょう。
それどころか、履歴書だけじゃ何も判断できないと考えています。

では、何のために履歴書が必要なのか?
企業も人をしっかりと見るために面接を行うのですが、
だからといって応募者全員となると、
もし応募者が少なくとも数百人いたとしたら、
それだけの時間と労力が必要です。
そんな余裕がなければ、
なかなか全員と面接をするということは困難になってきます。

だから、会わなくてもこの人はどういう人かを
少しでも知るために「履歴書」という材料が必要なのです。

次回はどういう履歴書がいいのか考えていきましょう。


★女性に人気の求人サイト★
⇒ぽっぷコム

面接に有利な資格とは何だろう②



引き続き、資格に関してのお話しになります。
前回は、3つの資格のうちの国家資格についてのお話しでした。
今回は、残りの2つの資格についてお話しします。

公的資格は、業界によって有利になる専門資格が数多くあります。
目標とする仕事に向いた資格を取得し、
履歴書に記入できることが好ましいですね。

これらの公的資格は、もちろん履歴書に書くことが出来ます。
しかし、書かないほうがいい場合もあります。
例えば、4級レベルなど、誰でも取得できるようなものは、
取って当たり前、書かないほうがいいと指摘されることもありますので注意してください。

最後に、民間資格は国家的な資格ではありませんが、
めずらしい資格や、ご当地検定などは、面接時の話題にもなりますし、
一種の特技を示すことで、アピールできるかもしれないですね。

面接に有利な資格とは何だろう①



前回は自己診断についての記事でしたね。
今回は、自身が取得された資格についてお話ししたいと思います。

学校に通っている間に、団体で資格試験を受けて、
いくつか資格をもっている方もいらっしゃるでしょう。

実用英語技能検定や日本漢字能力検定、今ではパソコン検定など、
多くの学校で、団体受験が行われています。

こういった資格には、国家資格、公的資格、民間資格と、
大きく3つに分かれており、最も効力があるのは、国家資格です。

仕事をする上で保有していれば断然有利な資格なのですが、
その資格が仕事に関係ないものだと無意味なものとなってしまいます。
しかし、国家資格を取る努力をし、取得したという事実は十分評価されるに値されるものです。

何故その資格を取得したのかも、アピールポイントの一つとなりますね。

自己分析をしてみよう



履歴書を書く際には、自分の事を記入しなければいけない箇所がありますよね。自分の学歴や取得した資格などは簡単に列挙できますが、自分の趣味や特技、性格など自分では解りにくいものです。

そこで、履歴書を書く前に、一度自己分析をすることをオススメします。

適当なノートなどに、自分がどんな人間なのかを書いていきます。好きなことや、好きなもの、好きな言葉、また、逆に嫌いなものも同様に思いつくままに何でも構いませんので、書き出してください。

誰かに見せるものでもありませんので、素直に自分のことを書いていくという作業が大切なんです。

この作業によって出てきた結果を元に履歴書を書いていけば、内容にブレがなくなりますし、面接での受け答えでの自信にもつながります。

送付状を同封しよう



履歴書を郵送する時は、「送付状」と呼ばれる挨拶文を履歴書と一緒に同封すると、印象が良くなる場合が多いので、書くようにしましょう。

送付状の書き方は、「拝啓」から始まって「敬具」で終わる挨拶文です。

現在は、横書きやパソコンを使用しての送付状が多くなっていますが、縦書き・手書きの方が年配者の方の受けが良いという話もあります。

A4・B5サイズの白い用紙に直接記入しても構いませんが、字やレイアウトに自信がないという人は、薄い線の引いてある便箋を使用する事をオススメします。

中身については、ビジネスライクに「応募させて頂きますので、よろしくお願いします」程度の簡単なもので構いません。

マイナス要素は書かない



自己PR文を作成するにあたって、絶対に押さえておいてほしいポイントは、自分にとってマイナス要素になる事を絶対に書かないということです。

意外と、このミスを犯してしまう方が多くいます。謙遜の意味で、マイナス要素を書き込んでしまうというミスです。

謙遜すること自体は悪い事ではなく、良い印象を与える事になるでしょう。

面接時の受け答えなどでは効果的かもしれませんが、それは表情などから「謙遜している」という事が伝わるからです。

しかし文字だけでは、その人が謙遜して書いているのかなんて事は、わからない場合がほとんどですから、マイナス要素は絶対に書かないように徹底してください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。