就職・転職・アルバイトに役立つ、履歴書書き方マニュアル
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


■送付状(挨拶文)■

書類先行等で、履歴書郵送という場面に出くわす事は多いと思います!
この時に送付状(挨拶文)を同封する事によって、
飛躍的に印象が良くなるケースが多い為、積極的に取り組みましょう♪


【送付状(挨拶文)の記入方法】

拝啓から始まり敬具で終わる、挨拶文ですね。

最近では、パソコンを使用したり、横書き方法の送付状も多くなっていますが、
手書き、縦書きの方が年配者の方には評判が良いデータがでております。

白いA4・B5用紙に直接記入するのが一般的ですが、レイアウトや字の上手さに自信がない方は、薄線の引いてある便箋を使用してもいいようです。

※記載する内容については「応募させて頂きますので宜しくお願い致します」等、
簡単なもので大丈夫です。

例を上げると、企業に対する印象や応募動機などを、丁寧に自身の言葉で表現すれば良いでしょう。


【自己PR書】

履歴書・職務経歴書ではおさまりきらない自分の意思を伝える【自己PR書】
積極的に使用する事で、より強い印象を与えることができます。

オリジナリティの中にも礼儀ある送付状(挨拶文)を作成しましょう!


履歴書の書き方の補足です。

・用紙
 折ったときの大きさで、B5サイズかA4サイズを使用。
 自作のものでも良いのですが、サイズは上記に揃えてください。
 記入項目の位置も市販品に習う方が、読み人にとって読みやすいものとなります。
 最近では印鑑欄が無くなってきていますね。
 また、市販品の中には転職者用履歴書と言うものもあります。

・代書
 書き方の項でも何度か書いていますが、少々字が汚くても相手が読めるように気を配って書いたものなら問題はありません。
 綺麗な字ではなく、丁寧な字を求められていると思ってください。
 なので、代書は必要ありませんね。
 しかも、面接時などにメモを取ったり、アンケートのようなものを書かされたりすれば、代書がバレてバツの悪い思いをするかもしれませんよ。

・日付
 記入した日ではなく提出する日を記します。
 郵送の場合は、発送する日です。
 また指定がなければ、西暦ではなく元号を用いて漢数字で記入します。

最後に準備するものは、情報です。

勿論、必要であれば書きながら調べてもいいのですが、事前準備しておくことで「履歴書」を書くための気持ちも整えられます。

ここでいう情報とは、あなたの志望する企業に関することです。

履歴書」には必ず志望動機という記入欄が存在します。

また、あなたの長所や短所を記すような自己アピール欄も存在します。

それらの欄をどう埋めるか、それが「履歴書」の内容では最も重要なことのひとつです。

あなたの志望した企業をよく知ることによって、企業側の人事担当者へより明確な意志を伝えられますし、相手も「履歴書」に望んでるのはその部分なのです。

自己アピールもより的確に提示することができるはずです。

履歴書」は基本的に家など、自分の空間で書くものでしょう。

しかし、もうその時点で試験は始まっていると考えてください。

試験前には出題範囲の復習するなどすると思います。

面接の前なら、あらかじめ聞かれそうな事に対する回答をシュミレートするのではないでしょうか?

自身の好きな時、好きな場所で「履歴書」は書けますが、試験や面接と同じ気持ちでいると良いと思います。

基本事項として準備するもの。2回目は「履歴書」に貼りつける写真です。

写真は3ヶ月以内に撮影したものを使用します。

大きさは縦36~40mm、横24~30mmですね。

履歴書」用紙にサイズは記載されていると思いますので確認してください。

写真を撮るのは、できれば専門の写真館のようなところが良いですね。

自動の証明写真でも悪くはないのですが、写真写りの面でプロと機械はかなり変わります。

服装はスーツが基本です。

胸から上がハッキリ写っているものを使用します。

自動の証明写真を利用した場合は、ネクタイの歪みなど撮影前のチェックをきっちりしないと、使えない写真になってしまいますから注意です。

書いておく必要はないと思うくらいのレベルの話なのですが、スナップ写真を切り取ったり、携帯電話で撮影したものをプリントアウトして使うなんてのは、言後同断ですよ。

用意できた写真は、裏側に名前と生年月日を書いてから履歴書に貼り付けましょう。

剥がれたときの対策です。

さて、「あなた」を文面で相手に伝えるはずの「履歴書」ですが、写真はかなり重要なファクターとなります。

人はどうしても見た目を重視してしまうものですから。

人事担当者は、そうはならないように気をつけているのですが、身だしなみなどはキッチリと確認しています。

少しでも印象を良くするためにも、「履歴書」の写真はしっかりしたものを選択すべきですね。

それでは基本事項として「履歴書」を書くために準備するものから始めましょう。

履歴書用紙については、市販のもので結構です。

記載する事項はほぼ同じですがメーカーにより様々な形式があるので、自分に合ったものを選んでください。

そしてそこに「手書き」します。

IT系企業などではスキル探りの一環としてPCを使った「履歴書」と指示される場合もありますが、そういった特殊な例でなければ「手書き」しましょう。

熱意の伝わり方が変わってきます。

また思い込みの激しい面接官だと「手書き」ではないという理由だけで一発アウトの場合もあります。

「手書き」の重要性を理解いただければ、後は、黒の万年筆もしくはボールペンで書き込んで行くだけです。

文字は楷書体で、言うまでもなく読みやすい字で書くように心がけてください。

自分が見て読みやすいというのではなく「履歴書」は相手に「あなた」を伝える手段なのですから、受け手が読みづらいと思うようでは目的を達せられません。

ですので、文字のキレイキタナイではなく、読みやすい字を「手書き」で記すようにしましょう。

暫くはこういった基本事項に触れていくつもりです。

忘れないでいただきたいのは「基本事項=ルール」であるということです。

ここを疎かにすることがダメなのは誰にでもわかると思いますが、良かれと思って勝手に変えるのもダメなのです。

「あなた」のアピールは「ルール」をキチンと守れる自分であることを証明してから始まるのです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。