就職・転職・アルバイトに役立つ、履歴書書き方マニュアル
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

履歴書の趣味欄を記入する時は、自分が興味の持っている事柄なので、いつのまにか余計な事柄まで書いてしまうことがあるのです。

まず、履歴書というのは、友人に自分の趣味の話をするのとは全く異なるということです。
趣味や特技の欄はその人の社会人としての常識等を問われているということを考えつつ記入していかなければならないのです。

もちろん、常識が無い人を雇っていく理由などは全く無いのです。
余分なことまで書いてしまい、マイナスの評価をつけられてしまうケースもよくあります。

たとえ自分の趣味であっても記入しないほうが良いケースもあります。

例をあげると、パチンコなどの「ギャンブル」や、「漫画」「ゲーム」など個人的な趣味としてなら問題無いものであっても、採用者側からしてみれば、「履歴書にこんなことを書いてくる人は常識がない」と判断されてしまうのです。

良い例としては、
読書(好きな作家=〇〇〇〇、××××。特に日本の推理小説系を読んでいるが、月2冊程度はビジネス系の新書も読んでいる)
その他にはスポーツ関連でも良いでしょう。

また、面接官との共通の話題になりにくいものはできるだけ避けましょう。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。