就職・転職・アルバイトに役立つ、履歴書書き方マニュアル
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自己PR文で大切なのは、自分と言う人間を知ってもらい、相手側に熱意を伝えることです。

その為には、いくつかの点に注意して記入する必要があります。

・悪いことは書かないでよい
 ここでバカ正直になる必要はありません。
 あなたの良い面だけを伝えればよいのです。

・自分を褒めるのなら理由を
 ある意味、自画自賛する必要のあるのが自己PR文です。
 自分の美点をただ伝えただけだと、鼻持ちならない印象を与えてしまうかもしれません。
 アピールするに足る理由を併せて記入しましょう。

・具体的に
 伝えたいことを的確に相手側に伝えるには、漠然とした文章ではいけません。
 もし前職を一生懸命勤め上げたことを伝えたいのなら、どんな仕事をどのような立場でどういう風にこなしていたのか、と言うことまで書きます。
「○○で頑張って働きました」では相手には伝わりません。
 性格的なことをアピールするときも、なんらかのエピソードを混ぜる感じで書く方が良いですね。

・人間関係の記述
 できれば入れておきたい要素ですね。
 スキルは経歴や資格である程度測れるのですが、人間性というのはそうもいきません。
 この後、面接があるのならまだしも、書類審査の段階ならば、あなたという人間を伝えれるのはここしかありません。

そういったことを踏まえて作成すれば、ちゃんとした自己PR文が完成するかと思われます。


 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。