就職・転職・アルバイトに役立つ、履歴書書き方マニュアル
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

・販売・営業系

 販売形態、取扱商品、対象顧客などを記します。
 そのうえで、実績や成績、年度比などの数字を記せば、人事対象者もあなたの能力を判断しやすくなります。
 また、販売系の職では、コミュニケーション能力を問われることが多いので、具体的な接客スキルや、顧客開拓、後輩指導などの実績を示してアピールしましょう。
 営業系の職では、実績がそのまま評価へと繋がることが多いので、賞与を受けた経験などあれば忘れずに記してください。

・事務系

 事務の仕事は多岐にわたりますので具体的な内容を記します。
 そのうえで、自分の得意分野やPCスキル、資格などでアピールします。
 事務系の職では、経験した職務内容や、それに対する努力、工夫などが評価へと繋がります。

・技術・専門系

 キャリア形で記すほうが読み手にわかりやすく、同時にあなたのアピールとしても伝わりやすいですね。
 参加したプロジェクトや、仕事の成果、使用したスキルなどをなるべく詳しく記してください。
 複数の分野での経験があるのなら、分野ごとにまとめた方が、よりわかりやすくて良いですね。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。