就職・転職・アルバイトに役立つ、履歴書書き方マニュアル
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

履歴書に嘘は書かない



転職を何度も繰り返した人の中には
一つの会社に数ヶ月だけ勤めたという人も
多いと思います。


短い期間で仕事を辞めたのは
マイナス査定になるのでは?と考え
履歴書に書かない方が良いと考える人も居るでしょう。


ではどうするべきか。


正解は「短い期間であれしっかりと書く」です。

履歴書に空白の期間を作るよりは
短い期間でも働いていた事を書く方が良いですし

面接の際、この期間についての話を振られた時
隠していたと思われれば印象は悪くなります。


隠すのであれ
正直に書くのであれ

この空白や短期で辞めたことについて
正当な理由を用意しておきましょう。


この部分は面接で触れられる可能性が非常に高く

転職・就職の成功を左右するポイントです。


留年やリストラ等
言いにくい事も隠さず書きましょう。

前向きにスキル・キャリアアップについて
努力した点を明記すれば
留年やリストラもマイナスポイントにはなりません。


留年やリストラによって
何かを得ようと努力した経験があれば
その事を明記することで
良い印象に変えることができます。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。