就職・転職・アルバイトに役立つ、履歴書書き方マニュアル
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

編年形での職務経歴書基本的な書き方です。

5つのセンテンスに分けて書くのが良いでしょう。

また、必ず署名するようにしてください。

・概要
 経歴を簡単にまとめて記しておきます。
 あくまで概要なので長くなってはいけません。

・職務経歴
 これまでに就業した会社を記していきます。
 履歴書の職歴欄と違うのは、そこに部署や業務内容、雇用形態など詳しい部分を付け加えることです。
 あなたがどの会社のどの部門でどういった職務にあったか、人事担当者がわかるように記入していきましょう。
 昇進や昇格があった場合もきちっと書いておきましょう。

・実績
 職務実績やスキルについて箇条書きで記していきます。
 例えば参加したり主導したプロジェクトがあれば、その内容、成果などを記します。
 社内での受賞歴などもあれば書いておくのが良いですよ。
 また、個人的に(業務に関連する)資格取得などに励んだことがあれば書いておきましょう。

・資格
 保有している資格や関連するスキルを記します。
 資格は取得年月日も記入しますが、業務に関連する項目を上に持っていった方が良いですね。

・自己PR
 上記したことを元にして、相手側企業へ自分の熱意を伝えます。
 と言っても添え文ですので長くなりすぎないように。
 うまく書く自信がない場合や面接で勝負したいなどという場合は書かなくても結構です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。