就職・転職・アルバイトに役立つ、履歴書書き方マニュアル
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

以前にも、履歴書に貼る写真に関して
記事を書いたと思います。


今回は、さらにその写真について
紹介したいと思います。



証明写真の撮影には、プロのカメラマンの方に
撮影してもらうのが一番だと言いましたね。


ほとんどの写真館では、修正や撮り直しにも対応してくれ、
その後何回でも使い回すことができます。


利用料金が気になるのでしたら、
地元のフリーペーパーなどをチェックしてみましょう。


クーポンで割引ができることが多いと思います。



そして、ここからは、写真の内容になります。


写真の背景の色を気にしたことはありますか?


多くは水色だと思います。



背景が水色の場合、顔の印象は元気で
ハツラツとした印象を与えるのです。


背景に灰色を用いる場合は、しっかりとしたイメージを
相手に与えるといったところでしょうか。


自身の希望する職種に合わせて
背景色を変えるのもいいでしょう。
スポンサーサイト

今回は、履歴書を書くにあたって
気をつけてほしいことをまとめました。


採用する側からしてみれば、
こんな履歴書はイヤだというものです。


1 乱雑な走り書きの文字の履歴

文字が汚いというのは仕方が無い部分があります。


ですが、走り書きで雑に書かれたものは
やはりいただけません。


文字から受ける印象というのは、
それだけ大きいものです。


ゆっくり丁寧に書くことを心がけましょう。


2 志望動機欄が空白、もしくは書きすぎ

多くの履歴書には、志望動機欄があると思います。


この志望動機というものに苦戦してしまい、
中には空白のまま提出される方がいらっしゃるのですが、
これはやってはいけません。


志望動機というものは、
その企業に対しての熱意を伝えるものです。


それにも関わらず、
空白で提出となれば、入社意欲が無い
という風に判断されてもおかしくは無いでしょう。


中身の無い、一般的で抽象的な
志望動機も同様の理由で書かないようにしてください。


また、小さな文字で欄外にはみ出るほど書くというのも、
いい印象はしません。


志望動機を詳しく書きたい場合、
別紙に記載する旨を書きましょう。


自分の言葉で、具体的に書く
ということを意識してください。



過ぎ去りし過去の事でどうしようもない事なんですが
履歴書を書くにあたって、職歴の中に空白期間があった場合。

一般的には3ヶ月以内であったなら
就職活動期間という事でスムーズに話が進む事でしょう。


これが4ヶ月以上になれば転職活動だけというのは悪印象です。
それ以外の具体的な、例えば出産や育児、
身内や自身の健康問題などの理由が必要になります。


また、その空白期間内に希望する業種に関する資格やスキルを習得していた、等も良いでしょう。
そのために、何でもよろしいので
スクールや通信講座を受講しておくと良いかもしれません。


履歴書に記入する項目への虚偽記載は
最悪解雇の対象となりうるので、どのような場合でも
きちんと行っていたという"事実"が重要になってきます。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。