就職・転職・アルバイトに役立つ、履歴書書き方マニュアル
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読みにくい職務経歴は嫌われます



職務経歴書を書く時は、A4用紙に行間も入れずにびっしりと書き込まれてる経歴書は大変読みにくく面接官などに嫌われます。

ですから、職務経歴書を書く時はレイアウトも工夫するようにしましょう。

ワープロなどでは、文字の大きさを小さくすればするほど1ページあたりの行数を増やすことができますが、文字の大きさは12P程度、1ページあたりの行数は40程度を目安としてください。

また、余白や段落を一行空けるなどの、工夫をすると見た目の印象が良くなります。
スポンサーサイト

志望動機は明確に



志望動機を書く時は「働く意欲やチャレンジ精神をアピールして、その内容を明確にそして具体的に書くようにしてください。

また明確且つ具体的に書こうと思ったら、応募する会社の模様や社風などについて充分な下調べが必要となってきます。

また、一番書いて欲しくないのが「貴社の社風が自分に合ってる」だとか「貴社の将来性に魅力を感じ」みたいな、どこの企業でも当てはまるような無難で曖昧な書き方は絶対にしないでください。

空白や余白を作るな!



志望動機を欄は履歴書を書く時に、一番スペースの取れるところです。

余白を作るという事は、「それ以上、言う事はない」と言っているのと同じです。

志望動機を書く際は、動機内容を箇条書きにしてみてください。

そしてあなたがどの点で企業にアピールできるか、もう一度考えて志望動機の中から適切なものを選んで書くようにしてください。

空白・余白は「自ら採用しなくてもいい」と言ってるようなものですので、できるだけ空白・余白はないようにしましょう。

敬語には注意して




敬語の種類には、丁寧語・尊敬語・謙譲語とあり、また電話での言葉遣いや手紙のルールやマナーなど、様々な敬語の使い方があります。

社会人にとって適切な敬語を使うことは当たり前の事なのですが、これが意外と難しかったりします。特に尊敬語や謙譲語の使い分けは学生に限らずに間違ってる人が多いです。

また、過剰な敬語遣いも頑張る気持ちは分かるのですが、聞き苦しくなってしまうので履歴書を書く前は、くれぐれも注意してください。

履歴書を書く前にまずは




履歴書というものは、やはり内定をもらう上でとても重要なものです。

そして、内定を勝ち取るためには、履歴書の時点で、ある程度、他のライバル達と差をつけておきたいものです。

しかし、そればかりに力を入れて、基本的な部分を蔑ろにしてしまっては元も子もありません。
「手書きで作成する」、「文字は丁寧に書く」、「空欄はつくらない」等といった基本をまず抑えてから、如何に他の人達と差別化を図るかを考えるべきでしょう。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。