就職・転職・アルバイトに役立つ、履歴書書き方マニュアル
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

内定を取れる確率がアップさせるには




内定を取れる確率をアップさせるには、自己PRと志望動機にストーリー性や一貫性を持たせてください。

もっと言えば学生時代に頑張った事など面接で聞かれる事、全てに一貫性があると内定に近づくと思います。

一貫性があれば、面接官は短い時間であなたがどういう人か分かるようになります。

そのため、企業に合う人材かどうか判断がつきやすくなります。

後は、あなたが志望する企業を間違えなければ、自然と内定が取れるようになると私は思います。
スポンサーサイト

履歴書を書きはじめる前に



履歴書を購入してきたら、履歴書を書くのは当たり前なんですけど書く前にしてほしい事があります。

それは捺印です。

まだ白紙の状態の履歴書全てに捺印をすること強くお勧めします。

なぜなら、せっかくキレイに記入できたとしても、印鑑を押す時に失敗してしまったら最初からやり直しになってしまいます。

捺印をする時の注意点としては、印鑑マットなどを用いて中央にしっかりと捺印し、完全に乾くのを待ってください。

さらに、氏名や住所を書く際、汗かきの人はティッシュなどを敷き、汗で印鑑部分が滲んだり汚れたりしないように注意してください。

こんな職務経歴書は嫌われる



長文で手紙形式の職務経歴書は書かないでください。

書き出しが「拝啓」から始まる手紙形式の職務経歴書が実際に送られてきたケースもあるんです。

いくら書式が「自由」と書いてあったとしても、やはりビジネス感覚を疑われてしまいますので気を付けてください。

次に、生まれてから、現在に至る「自分史」のような職務経歴書も書かないでください。

これも実際に送られてきた企業があるようなので、十分に「経歴」の意味を理解して書くようにしてください。

応募先の企業が求めてる人材を知る



志望動機を書く時、応募先の企業が求めている人材について求人内容などをよく読み、自分なりに研究する事はすごく大切な事です。

そして自分のアピールポイントとの共通点をみつけてください。

経験を重視する企業の場合は、職歴をより詳しく書き、動機重視であれば、意欲が相手に伝わるエピソードを記載して、企業が求めている人物像にあわせて、どこに一番ポイントをおいてアピールすべきかを考えて書いて下さい。

以上の事を気をつけて書くで合格へ一歩近づくと私は思います。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。