就職・転職・アルバイトに役立つ、履歴書書き方マニュアル
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

履歴書を書き終えたら。



履歴書を書き終えたからと言ってそれで終了ではありません。
履歴書を封筒にいれて作業が終了となります。

今日は、履歴書を封筒に入れる時の注意点についてご紹介させて頂きます。

まず履歴書は顔写真が見えるように入れてください。
履歴書を人事の方が開けた時に「履歴書」という見出しが見えるように心がければ顔写真は表側にくるので「履歴書」という見出しが表にくるように心がけてください。

次に送付状を同封しましょう。
コレを同封する事によって、格段に印象が良くなる場合が多いので積極的に書くようにしましょう。

最後に封筒は大きい封筒に入れましょう。
折らなくてもいいように必ず大きい白い封筒に入れるようにしてください。以上の事をすべて終えたら初めて「履歴書の完成」となります。
スポンサーサイト

志望動機欄の書き方



志望動機を書く時に「何を書いていいのかわからない?」っと迷う人の大半は、応募する会社の情報が少ない事が原因だと言われています。
ですから、「志望動機欄を埋めるコツ」は応募する会社の事をもっと知る事が一番大切です。
企業を調べる事により、どんな製品を取り扱ってるか、今後はどんな事業展開を図っていくかなど、いろいろ調べていけば、自然とその企業対して魅力を感じだし、志望動機も浮かび上がってきて「何を書いていいかわからない!」と迷うこともなくなると思います。

趣味や特技の欄の書き方



趣味や特技の欄は、貴方の休日の過ごし方や、「貴方」という人間性を伝えるための重要な欄です。
また、面接の時などに、趣味の話題などで、場の雰囲気をリラックスさせるのにも役立ちます。
ですから、「趣味は野球です」などの簡単な書き方は、相手にそっけない印象を与えてしまいます。
野球が趣味ならば、「草野球チームに所属していて、月に一回は試合をしています」のようにスポーツを親しんでる状況が、相手に具体的に伝わるように書くといいでしょう。

自分の持っている資格や免許について



資格や免許というのは、大きな武器になります。
資格や免許があるのと、無いのとでは、面接をしてくださる人の「貴方に対する見方」が凄く変わってくると思います。
例え、貴方が希望する職種と全く関係のない資格や免許を、お持ちであったとしても「自分を普段から磨いているんだ!」という大きなアピールポイントになるので必ず記入してください。
また、資格や免許を取得に向けて勉強中であれば、その事も記入してください。
「資格や免許取得に挑戦している」という事も大きなアピールポイントになりますから。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。