就職・転職・アルバイトに役立つ、履歴書書き方マニュアル
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

履歴書の学歴の書き方について簡単ですが紹介させて頂きます。



履歴書を書く時に「学歴はドコからドコまで書けばいいのか?」って悩んでる人もいると思います。
今日は、そんな悩んでる人のお役に立てればと思い、学歴の書き方を紹介します。
まず、最初に中学は卒業年次のみ書いてください。
入学から書いてる人も多々いますが、決して間違いではないのですが基本は、「中学卒業年次」だけを書くので基本は守った方が無難です。
そして高校以降の最終学歴までは、入学年次と卒業年次を書いて下さい。
また高校などを「中途退学」した人はしっかりと、中途退学した事も書いて下さい。
「中途退学」と書いてもマイナスポイントには絶対になりませんから、ご安心ください。
簡単ですが、以上の事を頭に入れて学歴を書くと間違いは無いと思います。
スポンサーサイト

職務経歴書の大切さについて




面接の時に人事担当の方がチェックするポイントを私の経験を元に、お話させていただきます。


大多数の方が履歴書はしっかりと書くのに対して、職務経歴書はしっかりと書かずサラッと書く人が多いかと思うのですが、絶対に職務経歴書も手を抜かずに書いてください。


人事担当の方達は、職務経歴書で、その人の「能力、実績、人柄、ポテンシャル」など、さまざまなところをチェックしています。


ですから、手を抜いてしまうと人事の方からすると「コイツは手を抜く人間だ!」っと思われるかもしれません。


履歴書と同様に職務経歴書もしっかりと書きましょう。

スポーツトレーナーの自己PR文です。
参考にしてください。



私は、小学から高校生まで野球をしていました。しかし、高校の2年生の時に肩の怪我をしてしまい野球を辞めざる終えなくなってしまいました。怪我の原因は、私が体のケアをしなかった事が原因だと解った時に、私のような辛い思いをしない人を一人でも無くそうと思いスポーツトレーナーになりました。専門学校在学中に、理学療法士と柔道整復師の資格を取得しましたので、体の仕組みやトレーニングの方法などは把握しております。将来は、実業団チームの専属トレーナーになれるよう、日々精進していこうと思っていますので宜しくお願いします。

美容師の自己PR文を紹介します。
是非、参考にしてください。



私は、幼少時代から髪の毛を自分で結んだりするのが大好きで、小学校の高学年にもなると自分で髪を切ったりして、自分なりにアレンジするようになり、その頃に美容師になる事を決意しました。
以前から、こちらの美容室には通わせていただいておりまして、その時にこちらの美容室の「明るい雰囲気」が好きになり、今回応募させていただきました。
2年間○○美容専門学校で基礎は学んできましたので、学校で学んだ事をフルに活かして一人でも多くのお客様を満足させる事のできる美容師になりたいと思っておりますので、ご検討の程よろしくお願いします。

アパレルショップ店員の自己PR文の一例を紹介します。
お役に立てれば幸いです。



私は、以前から貴社のブランドの洋服や装飾品たバックが好きで、よく買い物させて頂いていました。
買い物する時に、いつも私を接客して頂いた店員さんがすごく笑顔で丁寧に接客していただいて、「私もこの店員さんのように、笑顔で接客しこのブランドの良さを、たくさんのお客さんに伝えたい!」と強く思い貴社を応募させて頂きました。
以前から貴社のブランドが好きという事もあり、お客様に「貴社ブランドの良さ」を伝える自信がありますので、よろしくお願いします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。