就職・転職・アルバイトに役立つ、履歴書書き方マニュアル
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日の日本の社会で仕事に従事しようとすると
必ずといっていいほど、必要なのは「履歴書」です。

それ以外にもないことはないですが、
あとはやる気と元気と岩木くらいなものです。

履歴書というのは、企業側に大して自分がどういった人間であるのかを紹介する大切なものです。

実際に会う前の人間に対して、あなたがどんな人間(経歴)で、肩や机を並べる仲間として、果ては有能な右腕として相応しいかなどを判断する材料となります。

担当者に履歴書が魅力的に写れば、
「会ってみようか」という気持ちになります。

逆に、ひどい内容のものを見せても突っぱねられるのがオチです。
「紙っ切れ一枚で俺の何が分かるんだ!」と感じる方もいるでしょう。
もちろん、実際に会ってみたら、すごい素敵な人材だったなんて話もよく耳にします。

しかし、それもこれも「会う」段階に漕ぎ着けてからの話です。
その段階までの片道切符が「履歴書」なのです。

多くの人事担当者が、「履歴書」を頼りに「あなた」判断します。

履歴書」とは「あなた」です。

そして

「あなた」は「履歴書」なのです。
(↑これは忘れてくれて結構です)

このブログでは、
あなたに幸運が訪れるよう、正しい記述方法やアピールテクニックをお伝えしていきます。
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。