就職・転職・アルバイトに役立つ、履歴書書き方マニュアル
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

職務経歴書を書く時

多く…というかほとんどは転職時ですが

転職回数が多い方ほど

職務経歴書の中身は多くなるものです


その全てをアピールしたら

採用されやすくなるといえば

必ずしもそうとは限りません

応募企業の職種、業種に

あまり関係のない仕事ばかりをアピールされても

人事担当はあまりいい顔はしないからです



また、内容が収まりきらず

「別紙参照」という方法がありますが

これは極力利用しないのが一般的です

あまりにも「別紙参照」が多いと

担当者は読むのに手間取り、

それだけでマイナスイメージとなります

会社で働きながら選考を行う人事は

そんなに暇ではないのです



的確なポイントだけを選び

完成度の高い応募書類を作ることが

雇用への第一歩なのです
スポンサーサイト

最近、就職希望者に履歴書と合わせて、
職務経歴書の提出を求める企業が増えてきています。

それは、ポテンシャルに期待している新卒採用とは違い、
中途採用では即戦力となる実務能力を持つ人物を探しているからです。

そのため、上手にまとめられている職務経歴書は、
その人がどのようなことがしてきて、
どんな技術を持っているかを把握しやすいため、
書類選考や面接でプラスになります。

そこで、注意しなければならないのは、
履歴書の職歴欄と同じように書かないということです。
職務経歴書は様式が自由のため、
深い内容が書きやすいです。
なので、前職ではどのような業務に
携わっていたのかを簡潔にまとめるのが良いです。

職務経歴書の書き方



職歴というのは職務経歴のことです。

学生であれば「なし」と記入して構いませんが、在学中にしたアルバイトで、受ける会社にとって有利となりそうなアルバイトを経験している場合は、職歴欄に記入してしまうのも一つの手でしょう。

転職者の方は、学歴よりも職歴がもっとも重要視されますので、履歴書とは別に職務経歴書を用意して、今まで自分が行ってきた業務内容や得意としている分野の作業などを明確に記入するようにしましょう。

こんな職務経歴書は嫌われる



長文で手紙形式の職務経歴書は書かないでください。

書き出しが「拝啓」から始まる手紙形式の職務経歴書が実際に送られてきたケースもあるんです。

いくら書式が「自由」と書いてあったとしても、やはりビジネス感覚を疑われてしまいますので気を付けてください。

次に、生まれてから、現在に至る「自分史」のような職務経歴書も書かないでください。

これも実際に送られてきた企業があるようなので、十分に「経歴」の意味を理解して書くようにしてください。

職務経歴書の大切さについて




面接の時に人事担当の方がチェックするポイントを私の経験を元に、お話させていただきます。


大多数の方が履歴書はしっかりと書くのに対して、職務経歴書はしっかりと書かずサラッと書く人が多いかと思うのですが、絶対に職務経歴書も手を抜かずに書いてください。


人事担当の方達は、職務経歴書で、その人の「能力、実績、人柄、ポテンシャル」など、さまざまなところをチェックしています。


ですから、手を抜いてしまうと人事の方からすると「コイツは手を抜く人間だ!」っと思われるかもしれません。


履歴書と同様に職務経歴書もしっかりと書きましょう。

転職時、通常履歴書と同時に提出を求められるのが職務経歴書です。

履歴書はあくまであなたという個人を知る書類でしたが、職務経歴書は社会人としてのあなたを知る書類となります。

それだけに企業側も重要視して確認することとなります。

当ブログでも履歴書の書き方を示してきましたが、履歴書をきっちり書くというのは人事担当者の印象からマイナスを除くという作業と言えます。

しかし、職務経歴書は印象をプラスにしていく作業です。

履歴書は間違いなく書いてスタート位置に立てる──つまり0点の状態となり、職務経歴書により加点していくわけです。

勿論、その職務経歴書も内容次第で時にはマイナスとなりますので、ここではまた書き方を示していきたいと思います。

それではまず、職務経歴書というものが何なのか確認してみましょう。

・転職、再就職時に履歴書と共に提出する書類

・あなたがこれまでの職業で何をしてきたのか、何ができるのかを示す

・履歴書よりもより職務内容に沿って詳しくアピールするもの

終身雇用が当たり前のようだった昔とは違い、また不景気などの影響もあって、現在は転職、再就職の機会が格段に増えています。

そのため、採用を考慮する際の職務経歴書の重要性はどんどん高まっています。

職務経歴書をうまく利用することが、あなたの転職の決め手となるはずです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。