就職・転職・アルバイトに役立つ、履歴書書き方マニュアル
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

建築・土木関係の職での職務経歴書についてです。

冒頭センターに職務経歴書と記し、その右下に日付、その下に氏名を記します。

◆経歴要約
 あなたのあらすじです。
 3~4行程度にまとめて概要を示します。
 自分がどこでどんな仕事をしていたのかという事実情報を伝えます。

◆職務内容
 いつからいつまで、どんな会社のどんな部署でどんな仕事をしていたのか。
 それらを時系列順で記入します。
 建築・土木関係なら関わってきたプロジェクトを列記するとよいでしょう。

◆資格
 関連のある資格を取得年月日と併せて記していきます。

◆自己PR
 補足的に伝えたいこと、あなたの熱意を長くなりすぎない程度で記入します。

建築・土木関係の職は、決まったプロジェクトがあることが多く、比較的職務内容が書きやすいかと思います。
あなたがどんなプロジェクトにどのような役割で関わったのかを記してください。
職務内容自体は伝えやすいのですが、それだけではあなた自身があまり伝わりません。
ですので、自己PRでアピールしたいことをやや多目に伝えましょう。
コミュニケーション能力などを具体例を挙げて書くのが良いと思います。
スポンサーサイト

営業・販売職などへ提出する職務経歴書についてです。

冒頭センターに職務経歴書と記し、その右下に日付、その下に氏名を記します。

◆経歴要約
 あなたのあらすじです。
 3~4行程度にまとめて概要を示します。
 自分がどこでどんな仕事をしていたのかという事実情報を伝えます。

◆職務内容
 いつからいつまで、どんな会社のどんな部署でどんな特徴の仕事をしていたのか。
 それらを時系列順で記入します。

◆資格
 関連のある資格を取得年月日と併せて記していきます。

◆自己PR
 補足的に伝えたいこと、あなたの熱意を長くなりすぎない程度で記入します。

営業・販売職では、取り扱った商品や活動を記します。
同時に売り上げ実績や規模などを具体的な数字で示すことがアピールにもなります。
また、業務上で自分が提案し改善したことなどもあれば記入しましょう。
そしてもうひとつ。
実績だけでなく、対人や渉外スキルが要求される職業ですので、そう言った面でもアピール点があれば記入しておくべきですね。

事務職などへ提出する職務経歴書についてです。

冒頭センターに職務経歴書と記し、その右下に日付、その下に氏名を記します。

◆経歴要約
 あなたのあらすじです。
 3~4行程度にまとめて概要を示します。
 自分がどこでどんな仕事をしていたのかという事実情報を伝えます。

◆職務内容
 いつからいつまで、どんな会社のどんな部署でどんな特徴の仕事をしていたのか。
 それらを時系列順で記入します。

◆資格
 関連のある資格を取得年月日と併せて記していきます。

◆自己PR
 補足的に伝えたいこと、あなたの熱意を長くなりすぎない程度で記入します。

事務職というのは見えにくい仕事です。
その会社の概要も含め記入しましょう。
似たような部署などもありますので、過不足なく明確に職務内容を記してください。

技術系専門職などへ提出する職務経歴書についてです。

冒頭センターに職務経歴書と記し、その右下に日付、その下に氏名を記します。

◆経歴要約
 あなたのあらすじです。
 3~4行程度にまとめて概要を示します。
 自分がどこでどんな仕事をしていたのかという事実情報を伝えます。

◆職務内容
 いつからいつまで、どんな会社のどんな部署でどんな特徴の仕事をしていたのか。
 それらを記入します。
 複数にわたる経歴を示す場合には、罫線を用いた表形式だと人事担当者にも読みやすいものとなりますね。

◆資格
 関連のある資格から順に取得年月日と併せて記していきます。

◆自己PR
 補足的に伝えたいこと、あなたの熱意を長くなりすぎない程度で記入します。

技術職で必要なのは、専門的な知識をどれだけ持っているのか、どのように経験してきたのか、ということとなります。
役に立った資格や、使用したソフトウェアやハードウェアも業界知名度が高ければ記入しましょう。
気をつけなければいけないのは、マニアックになりすぎて職務内容が見えにくくなってしまうことです。
必要に応じて簡単な説明を入れるのもいいでしょう。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。