就職・転職・アルバイトに役立つ、履歴書書き方マニュアル
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

職務経歴書には、あなたがこれまでにしてきた職務内容を掘り下げて記入します。

転職前はどのような仕事をしていたのか企業側に伝えるのが目的です。

・フォーマットに関しては、特に指定がありません。
 履歴書の「学歴・職歴」のような感じで結構です。
 一般的にはパソコン・ワープロで作成します。
 ただし、署名は手書きでしてくださいね。

・読みやすさ、理解しやすさを考慮して記入していきます。
 長々とした文章でなく箇条書きで記す方が良いでしょう。
 フォーマットにも言えるのですが、職務経歴書に必要なのは見やすさです。

・書式には2種あります。
 編年形は、時系列順に記入していく方式です。
 古い順からで良いのですが、外資系企業は逆に新しい順で書くのが一般的です。
 キャリア形は、職務内容ごとに記入していく方式です。
 どちらを選択するのが良いかは、希望する職種によることが多いですね。

・資格に関しては全て記してもかまいません。

職務経歴書は「いつ」「どの会社で」「どんな役職で」「どのような仕事をした」ということを簡潔に記しましょう。

転職時、通常履歴書と同時に提出を求められるのが職務経歴書です。

履歴書はあくまであなたという個人を知る書類でしたが、職務経歴書は社会人としてのあなたを知る書類となります。

それだけに企業側も重要視して確認することとなります。

当ブログでも履歴書の書き方を示してきましたが、履歴書をきっちり書くというのは人事担当者の印象からマイナスを除くという作業と言えます。

しかし、職務経歴書は印象をプラスにしていく作業です。

履歴書は間違いなく書いてスタート位置に立てる──つまり0点の状態となり、職務経歴書により加点していくわけです。

勿論、その職務経歴書も内容次第で時にはマイナスとなりますので、ここではまた書き方を示していきたいと思います。

それではまず、職務経歴書というものが何なのか確認してみましょう。

・転職、再就職時に履歴書と共に提出する書類

・あなたがこれまでの職業で何をしてきたのか、何ができるのかを示す

・履歴書よりもより職務内容に沿って詳しくアピールするもの

終身雇用が当たり前のようだった昔とは違い、また不景気などの影響もあって、現在は転職、再就職の機会が格段に増えています。

そのため、採用を考慮する際の職務経歴書の重要性はどんどん高まっています。

職務経歴書をうまく利用することが、あなたの転職の決め手となるはずです。

履歴書」郵送の際に送付状を同封すると印象が良くなる場合があります。

送付状は、挨拶状、添え状などとも呼ばれます。

採用・不採用に直接かかわるとは言えませんが、「履歴書」よりも自由度が高く伝達したいことを記すこともできますので添付するようにしましょう。

さて、その送付状の書き方なのですが、決まった形式はありません。

要は「履歴書を送りました」という内容の手紙なのです。

特に形式はなくとも、手紙のマナーを守って書けばよいというだけのことです。

・日付
 間違わないように日付を記します。

・送付先
 様付けを忘れなく。

・自分の名前、住所、連絡先など
 わかりやすいように記入してくださいね。

・手紙のマナー
 拝啓から始まって敬具で終わる文面となります。
 拝啓の後には時候の挨拶を入れるのが良いでしょう。

・自己PR
 自己PR文を入れておくのも悪くはないです。

・添付書類を明記
 履歴書職務経歴書、自己PR文など一緒に郵送するのであれば、それも書き記します。




「履歴書」の郵送の際の注意点をあげておきます。

・封筒の大きさ
 余裕を持った大きさにしましょう。
 折らずに入れられる大きさ(角型2号)が良いですね。
 小さい封筒で発送するなら「履歴書」は3つ折りにしてください。

・宛名は略さない
 右上から縦書きで宛先住所を書いていきます。
 書き方の項でも説明しましたが、住所の丁目番地は「-」で略さずに書きましょう。
 宛名は封筒のセンターに住所より大きめの字で書くと見栄えがします。

・御中と様
 社名の下には「御中」と記します。
 同様に担当者の下には「様」です。
 担当者の名前がわからない場合は「採用御担当者様」といった感じで書きましょう。

・履歴書在中
 封筒の表には「履歴書在中」と赤い文字で記します。
「応募書類在中」でもかまいません。
 忘れがちなことなので気をつけてください。
 後は、封筒の裏に自分の住所・氏名を書いてください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。