就職・転職・アルバイトに役立つ、履歴書書き方マニュアル
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

履歴書は市販のものを使用することを推奨しています。
まず、間違いがないですし、読む側にとっても定型的だと読みやすいですね。
就職活動がうまくいかない場合などは何枚も必要になって、それなりの出費額になるかもしれませんが、そこは必要経費と考えるようにしましょう。

当ブログでも履歴書のフォーマットを用意させていただいてます。
しかし、先に述べた通り、印刷して実際に使用するのは控えた方がよろしいかと思われます。
推奨する使用方法としては、あくまで練習用にということになります。

履歴書の書き方の項目でもお伝えしていますが、間違っても修正液などを使用せず破棄するというのが基本的なルールなので、フォーマットを何枚か練習もしくは見本として書くことは良いのではないかと考えます。

それと書いたものを第三者に添削してもらうというのは、とても良いのではないでしょうか。
自身気がつかないミスをしているかもしれませんし、客観的に判別してもらうと自己PR文や志望動機などでまた新たな発見があるかもしれませんね。

あなたの就職、転職活動で上手に利用していただければ幸いです。

【履歴書フォーマット】

word形式をダウンロード
excel形式をダウンロード

余談ですが、市販されている履歴書は、最近のものだと印鑑欄がありません。
スポンサーサイト

履歴書の書き方の補足です。

・用紙
 折ったときの大きさで、B5サイズかA4サイズを使用。
 自作のものでも良いのですが、サイズは上記に揃えてください。
 記入項目の位置も市販品に習う方が、読み人にとって読みやすいものとなります。
 最近では印鑑欄が無くなってきていますね。
 また、市販品の中には転職者用履歴書と言うものもあります。

・代書
 書き方の項でも何度か書いていますが、少々字が汚くても相手が読めるように気を配って書いたものなら問題はありません。
 綺麗な字ではなく、丁寧な字を求められていると思ってください。
 なので、代書は必要ありませんね。
 しかも、面接時などにメモを取ったり、アンケートのようなものを書かされたりすれば、代書がバレてバツの悪い思いをするかもしれませんよ。

・日付
 記入した日ではなく提出する日を記します。
 郵送の場合は、発送する日です。
 また指定がなければ、西暦ではなく元号を用いて漢数字で記入します。

履歴書の内容のなかでも志望動機は特に重要なファクターです。
それだけに注意して書く必要があるといえます。

自己PR文と志望動機の違いは、前者が過去の自分を踏まえて相手に伝えることであり、後者は逆に未来の自分(と会社)に対して相手に伝えることであるという点です。
しかし、アピールという点では変わりがありません。
この会社で働きたいという思いをいかに熱く伝えられるか。
そこが志望動機の課題点と言えるでしょう。

まずは応募要項を読み返すなどして、その企業がどんな人材を求めているのか確認しましょう。
例えば、経験不問とあればヤル気を評価されるはずですし、逆に経験重視であれば、それに沿ったあなたの経歴を強くアピールするといった感じです。

人材像が見えてきたなら、後は書くべき部分が絞れて見えてくると思います。
志望動機は、あなたが採用された後、会社に貢献できる部分を書くものです。
貢献の仕方がわかれば、難しいものではありませんね。

自己PR文で大切なのは、自分と言う人間を知ってもらい、相手側に熱意を伝えることです。

その為には、いくつかの点に注意して記入する必要があります。

・悪いことは書かないでよい
 ここでバカ正直になる必要はありません。
 あなたの良い面だけを伝えればよいのです。

・自分を褒めるのなら理由を
 ある意味、自画自賛する必要のあるのが自己PR文です。
 自分の美点をただ伝えただけだと、鼻持ちならない印象を与えてしまうかもしれません。
 アピールするに足る理由を併せて記入しましょう。

・具体的に
 伝えたいことを的確に相手側に伝えるには、漠然とした文章ではいけません。
 もし前職を一生懸命勤め上げたことを伝えたいのなら、どんな仕事をどのような立場でどういう風にこなしていたのか、と言うことまで書きます。
「○○で頑張って働きました」では相手には伝わりません。
 性格的なことをアピールするときも、なんらかのエピソードを混ぜる感じで書く方が良いですね。

・人間関係の記述
 できれば入れておきたい要素ですね。
 スキルは経歴や資格である程度測れるのですが、人間性というのはそうもいきません。
 この後、面接があるのならまだしも、書類審査の段階ならば、あなたという人間を伝えれるのはここしかありません。

そういったことを踏まえて作成すれば、ちゃんとした自己PR文が完成するかと思われます。


 

職務経歴書は、ビジネスマナーやルールに従って作成しますが、そのうえで読みやすく理解しやすいものでなくてはいけません。
更にあなたの熱意も伝えることも必要なので、結構大変な作業と言えます。

しかし、わからないこと曖昧なことは調べたり聞いたりし、常識的な考えをもってすれば、きちんとした職務経歴書は完成するはずです。

では、非常識な悪例をいくつか挙げておきましょう。

・鉛筆で書かれている
 問答無用で不採用です。
 黒の万年筆かボールペンで記入しましょう。

・署名や押印がない
 他の職務経歴書と混ざったときにわからなくなってしまいます。

・ルーズリーフや他社のロゴ入りの用紙に書かれている
 手近にあるもので済ましたという感を受けるのがマイナス点です。
 また、感熱紙は文字が消えるので使用しないでおきましょう。

・手紙のように書かれている
 得たい情報が見えにくくなります。
 また、無駄な言葉で長文になりがちですしね。

・関係のないことを書いている
 あまりにも薄すぎる経験や、職務と全く接点のない経験を書くのはマイナスです。

・根本的なマナー違反
 常識から外れたような間違いです。
 間違い箇所を黒く塗りつぶしている。
 細かく折られている。
 汚れている、枚数が異様に多い、字が小さすぎる、などなど。

・販売・営業系

 販売形態、取扱商品、対象顧客などを記します。
 そのうえで、実績や成績、年度比などの数字を記せば、人事対象者もあなたの能力を判断しやすくなります。
 また、販売系の職では、コミュニケーション能力を問われることが多いので、具体的な接客スキルや、顧客開拓、後輩指導などの実績を示してアピールしましょう。
 営業系の職では、実績がそのまま評価へと繋がることが多いので、賞与を受けた経験などあれば忘れずに記してください。

・事務系

 事務の仕事は多岐にわたりますので具体的な内容を記します。
 そのうえで、自分の得意分野やPCスキル、資格などでアピールします。
 事務系の職では、経験した職務内容や、それに対する努力、工夫などが評価へと繋がります。

・技術・専門系

 キャリア形で記すほうが読み手にわかりやすく、同時にあなたのアピールとしても伝わりやすいですね。
 参加したプロジェクトや、仕事の成果、使用したスキルなどをなるべく詳しく記してください。
 複数の分野での経験があるのなら、分野ごとにまとめた方が、よりわかりやすくて良いですね。

キャリア形での職務経歴書基本的な書き方です。

4つのセンテンスに分けて書くのが良いでしょう。

また、必ず署名するようにしてください。

・職務経歴
 キャリア形は時系列がわかりにくいので、冒頭に編年形で職務経歴を記しておきます。
 履歴書の職歴欄のようなものでかまいません。

・職務内容要約
 あなたのアピールしたい順に書いていってください。
 期間、業務内容、役割、成否などを書くのですが、わかりやすく表形式でまとめるとよいでしょう。
 長文はNGですが、かかわったプロジェクトの内容を箇条書きなどで詳細に記すのは推奨できます。
 人事担当者は、ここからあなたのスキルや人間性、信頼性などを読み取りますのでアピールできる分は、アピールしておきましょう。

・資格
 保有している資格や関連するスキルを記します。
 取得年月日も記入しますが、業務に関連する項目を上に持っていった方が良いですね。

・自己PR
 上記したことを元にして、相手側企業へ自分の熱意を伝えます。
 と言っても補足的なものなので長文はNGです。
 上手に書く自信がない場合や面接で勝負したいなどという場合は書かなくても問題ありません。

編年形での職務経歴書基本的な書き方です。

5つのセンテンスに分けて書くのが良いでしょう。

また、必ず署名するようにしてください。

・概要
 経歴を簡単にまとめて記しておきます。
 あくまで概要なので長くなってはいけません。

・職務経歴
 これまでに就業した会社を記していきます。
 履歴書の職歴欄と違うのは、そこに部署や業務内容、雇用形態など詳しい部分を付け加えることです。
 あなたがどの会社のどの部門でどういった職務にあったか、人事担当者がわかるように記入していきましょう。
 昇進や昇格があった場合もきちっと書いておきましょう。

・実績
 職務実績やスキルについて箇条書きで記していきます。
 例えば参加したり主導したプロジェクトがあれば、その内容、成果などを記します。
 社内での受賞歴などもあれば書いておくのが良いですよ。
 また、個人的に(業務に関連する)資格取得などに励んだことがあれば書いておきましょう。

・資格
 保有している資格や関連するスキルを記します。
 資格は取得年月日も記入しますが、業務に関連する項目を上に持っていった方が良いですね。

・自己PR
 上記したことを元にして、相手側企業へ自分の熱意を伝えます。
 と言っても添え文ですので長くなりすぎないように。
 うまく書く自信がない場合や面接で勝負したいなどという場合は書かなくても結構です。

職務経歴書には、あなたがこれまでにしてきた職務内容を掘り下げて記入します。

転職前はどのような仕事をしていたのか企業側に伝えるのが目的です。

・フォーマットに関しては、特に指定がありません。
 履歴書の「学歴・職歴」のような感じで結構です。
 一般的にはパソコン・ワープロで作成します。
 ただし、署名は手書きでしてくださいね。

・読みやすさ、理解しやすさを考慮して記入していきます。
 長々とした文章でなく箇条書きで記す方が良いでしょう。
 フォーマットにも言えるのですが、職務経歴書に必要なのは見やすさです。

・書式には2種あります。
 編年形は、時系列順に記入していく方式です。
 古い順からで良いのですが、外資系企業は逆に新しい順で書くのが一般的です。
 キャリア形は、職務内容ごとに記入していく方式です。
 どちらを選択するのが良いかは、希望する職種によることが多いですね。

・資格に関しては全て記してもかまいません。

職務経歴書は「いつ」「どの会社で」「どんな役職で」「どのような仕事をした」ということを簡潔に記しましょう。

転職時、通常履歴書と同時に提出を求められるのが職務経歴書です。

履歴書はあくまであなたという個人を知る書類でしたが、職務経歴書は社会人としてのあなたを知る書類となります。

それだけに企業側も重要視して確認することとなります。

当ブログでも履歴書の書き方を示してきましたが、履歴書をきっちり書くというのは人事担当者の印象からマイナスを除くという作業と言えます。

しかし、職務経歴書は印象をプラスにしていく作業です。

履歴書は間違いなく書いてスタート位置に立てる──つまり0点の状態となり、職務経歴書により加点していくわけです。

勿論、その職務経歴書も内容次第で時にはマイナスとなりますので、ここではまた書き方を示していきたいと思います。

それではまず、職務経歴書というものが何なのか確認してみましょう。

・転職、再就職時に履歴書と共に提出する書類

・あなたがこれまでの職業で何をしてきたのか、何ができるのかを示す

・履歴書よりもより職務内容に沿って詳しくアピールするもの

終身雇用が当たり前のようだった昔とは違い、また不景気などの影響もあって、現在は転職、再就職の機会が格段に増えています。

そのため、採用を考慮する際の職務経歴書の重要性はどんどん高まっています。

職務経歴書をうまく利用することが、あなたの転職の決め手となるはずです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。